テーマ:富野由悠季

ザブングル第9話「花は野に咲けマリア花」

 マリア登場。僕は今までの中で一番面白かった。  独自に畑で野菜を作り、孤児を育てているマリアがいろいろ暴虐にあう。 それでも抗わなければ戦いは起こらないと主張するマリア。  まず、町に野菜を売りにきたところをブレーカーに盗られても、 「あの人たちだってお野菜は食べなければいけないんだから」  さらに、ブレーカーに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザブングル第八話「ミスにはミスがない」

 ミス.ギャブレットギャブレー???  イエローヒルタウンについた一行。バザーを開く用意をする。しかし、そこにはミス.ギャブレット=ギャブレーの一味がすでにバザーを開いていた。立ちふさがる一味にジロン達は抗議するが、一つのバザーは一つの運び屋が仕切るものだ、とか、カーゴ一家をエルチが取り仕切るためにはイノセントに名義変更届がいると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザブングル第七話「信ずるものは浮かばれる」

ラグがトップレス(笑)!ブルメの髪型が!  惑星ゾラは荒涼の大地しか無いと思ったら、森や湖もあった。湖で泳いで喜ぶジロン達、かといって皆水着を持ってるはずもなく、パンツだけで水泳(笑)。  そこに老人が古いWMで襲いかかってくる。追い払って後をつけると…鉱石BS(ブルーストーン)の屑をしこたまため込んでいた(イノセントに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザブングル第六話「あんたジロンの何なのさ」

 エルチにようやく艦長する話。あとジロンとエルチとラグの三角関係勃発。  ジロンはサンドラット団にWMの操作を教えるがなかなかうまいこといかない。アイアンギアーを彼らに任せて自分はティンプを探しに行きたいのだ。  エルチは相変わらず文化活動をしたいらしく、艦長をやる気はない。すべてクルーに任せっぱなし。ラグの方がアイアンギア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザブングル第五話「3人そろってシャクの種」

 アイアンギアーが変形してWMに初めてなる回。  キャリングの葬式をする一同。葬式をする事は文化だと言うエルチ、まるでイノセントのモノマネじゃないか、というティンプ。  ホーラはいきなりエルチと結婚しろとせまり、あっさり振られると銃口を突き付けて運び屋の権利を渡せと脅すが、ジロンの活躍でアイアンギアーを追われる事となる。えら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザブングル第四話「なんで掟を破るのさ」

 本筋に入り、名セリフも多い第四話。  彼らが生活する惑星ゾラと呼ばれる地球には「三日の掟」というのがある。三日間逃げ切れば犯罪は全て時効となってしまう。しかしジロンは父母の仇であるティンプを一週間追っていた。そのことを知ってあきれて大笑いするサンドラット団の仲間たち。彼らにとって三日間の掟は常識なのだ。みんなに笑われたジロンは一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザブングル第三話「みんな当て外れ」

 ティンプが本格的登場。  ザブングルを取り返すためにしぶしぶ3000ギャラントの賞金を懸けるキャリング。イノセントの住むドームを盾にするサンドラット団。ホーラはチルを奪ってザブングルとの交換をせまる。そこに家出をしてもう一台のザブングルを持ち出したエルチがサンドラット団側に加勢、サンドラット団が優勢になる。そこにさすらいのブレー…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ザブングル第二話「ザブングルはもらったよ」

 エルチの父キャリングがえげつい第二話。  キャリングは商品を売った相手を襲って商品をとりもどそうとする。エルチはジロンを釈放し父親が襲おうとするザイラーの所で働かせ、ジロンの力を試す。キャリングより送られたWMによってザイライは壊滅。ジロンはすんでのところで助かる。そのころラグらサンドラット団はバザーが終わりWMが出払ったところ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザブングル第一話「命をかけて生きてます」

 近くのビデオレンタル屋で『ザブングル』のDVDを見つけた!こりゃ珍しい!というわけで∀の感想が13話で止まっているのに、という批難を浴びながらも、こっちを先に進めようと思う。こっちは返却せなあかんものなので、たぶん途中で放り出しにくいはず(汗)。いや、もちろん∀もその内続き書きます(汗)。  ザブングルと言えば、1982年のアニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富野由悠季最新作「キングゲイナー」ができるまで、を観た。

 ご無沙汰してます。祝、スパロボZにキングゲイナー参戦!あと10日、待ちきれないぞ!ということで、もちろん全部視聴済みですが、キングゲイナーのDVD1巻を中古で買ってその特典を観てみた(笑)。  この特典はキングゲイナー放映前の告知番組、何年も前のものだけど、いやあ、御大を観るとホント元気に出るなあ(笑)。シリーズ構成の大河内一楼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

∀ガンダム第11話「ノックス崩壊」

 ムーンレイスのディアナカウンターとノックスのミリシャの対立が決定的となる話。  ディアナとキエルは入れ替わったまま、キエルがディアナとしてソレイユへ帰ってしまう。ロランは気づかず。  ビシニティでキエルとして早朝に風に吹かれるディアナ。「思い出していたのです。ここが素晴らしい土地であることを」ロランが答える「僕もこの風景は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

∀ガンダム第10話「墓参り」

 いよいよ∀最大の仕組みが動きはじめる。  ミラン執政官に頼まれ、ディアナにグエンとキエルが会いに行く。戦災を調べるために飛ばしている飛行船に敵味方ともども乗り込むことになる。準備の間に二人でお茶を飲むディアナとキエル。  キエルを真似して遊ぶディアナ。「私達はとても似ているようですね」「恐れ入ります。私にもそう思えました」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「大人のガンダム」インタビュー見た。

 ムック本「大人のガンダム」のトミノのインタビューだけ読んだ。「大人のガンダム」なんてトミノの嫌いそうなタイトルだから、インタビューとかないかも、と思いつつ見ると、二つのってた。  一つは映画版「Zガンダム」に関するインタビュー。今までトミノが言っていたことの繰り返しだったので、ここは、お変わりないなあ、と微笑ましく読む(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

∀ガンダム第9話「コレン、ガンダムと叫ぶ」

 ジュドー=アーシタと言い、アンナ=ハンナと言い、トラジャ=トラジャと言い、ジャマイカン=ダニンガンと言い、メッチャー=ムチャと言い、ラカン=ダカランと言い、トリアーエズと言い、ポリノーク=サマーンと言い、人物名や兵器名で遊ぶのが好きなトミノにとって、コレン=ナンダーもその1人やね。  第二次降下部隊で月から地球へ降りてきたのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

∀ガンダム第8話「ローラの牛」

 さて、序盤の最大のターニングポイントとなるこの話。タイトル通り「牛」が印象的な話。  最初キエルとソシエの対立から。ソシエは、キエルがグエンのムーンレイスとの交渉の手伝いをしていることが気に入らない。キエルはソシエが兵隊に入ることが心配。  ロランはグエンにムーンレイスの居留地周辺で過激派を抑えるよう頼まれる。ついていくソ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

∀ガンダム第7話「貴婦人修行」

 今さらながら「はてな」に登録したら、自分の記事にブックマークつけてもた。うわーはずい。どうやったらはずせる?ま、とりあえず「貴婦人修行」いろんな意味で笑え、また話上重要な部分もでてくる第7話です。  まずはロランの前回のおさらいセリフ「そこにはヒゲのMSにあう武器もあったのだけれど、使い物になるものはなかった」…ヒゲのってロラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

∀ガンダム第6話「忘れられた過去」

 ガンダムハンマー!ってことでテンション上がるので続けざまに第6話。  ミリシャは独断専行でディアナ捕獲作戦を展開。ノックスの街中を歩くスモーと∀が対峙する。一触即発のところにディアナとグエンが出てきて戦い回避。二人(?)仲良くボストニア城へ向かう途中、ロランはディアナを盗み視(笑)。  「ね、ロランって時々バカじゃないかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

∀ガンダム第5話「ディアナ降臨」

 キエルと一緒にビシニティへ気球船で返るロラン。ソシエとメシェーの乗る飛行機に飛び乗る。こういうの好きだなあ、Vガンダムでも同じようなのがあった様な。  「地球がのっとられてもいいの?」という二人に「ムーンレイスはそんなこと考えていません。自分達の住むところが欲しいだけなんです」というロラン。「ムーンレイスが来なければ、お父様は死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

∀ガンダム第4話「ふるさとの軍人」

 本格的戦闘はまだやなあ。でも何となくムーンレイスのことが少し分かってくる第4話。  ∀とウォドム、ワットの戦闘は∀が溶けたビームライフルしか持ってないこともあって、またロランに戦う気が無いこともあって、まともな戦闘にはならず。それよりもミリシャが爆弾トラックを突撃させるなどして大活躍。ワットを一機捕獲する。感情にまかせてパイロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

∀ガンダム第三話「祭の後」

 MGの∀ってもう発売されてるんですね。明日にでも買ってこよう!さて第三話。物語の中心要素、キーワードが次々と語られ始めていく。  ノックス、ビシニティも火事だらけ。  ∀を動かそうとしてコクピットを降ろし、急所を打つロラン。「あたし、何てはしたないことを」「金魚につぶされたみたいで」(笑)手引書を探すロランの背中には聖痕が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

∀ガンダム第2話「成人式」

 いよいよ「ヒゲ」が登場だー。  前回はOP無しだったので、OPが初登場。「ターンエーターン!」「時が未来に進むと誰が決めたんだ」はトミノっぽい歌詞だよねえ(笑)  冒頭ソシエとロランが飛行機飛ばす。ソシエは飛行機屋の娘メシェーと友達。ミリシャ(イングレッサの軍隊)に入りたいらしい。  ミリシャのパレードをビルの上から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

∀ガンダム第一話「月に吠える」

 ブログのタイトルもタイトルだし、トミノのカテゴリも作ってるのに、最近何も語ってなくて残念に思ってた。そこにMGの100体目が∀になるというではないか!というわけで∀についても1話づつ語って見る。  MSらしき者にのって少年2人と少女1人が宇宙から地球へ降りてくる。少年の1人は主人公のロラン=セアック、もう1人はキース、少女はフラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ぬおっ!やるな学研!

 学研、気でも狂ったか!(タイトルと違うやん)いや、いい意味で。いやいい意味で狂ってるって何?まあともかく昨日すごいもん見つけてしまいました。「アナザーセンチュリークロニクルシリーズ№1 機動戦士ガンダム一年戦争史(上)」  まるで一年戦争が本当にあったかのようにして、さまざまな点から考察してある。それはまるであの「歴史群像シリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムUC第一回感想

 えらい遅れてすんません。もうすぐ3月号がでるわな。すんません。いや、おもしろくなかったわけじゃないです。おもしろかったですよ。ただ何となく複雑な感情が…。  やっぱりトミノじゃなきゃガンダムじゃないなあ、と今さらながら認識してしまったわけで。.まあ信者の信者たるゆえんですな。  第一回はプロローグで、主人公はまだでてこない…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)

 ガンダムAにて次号から福井晴敏の小説連載が始まる。UC96年、シャアの反乱後3年を舞台にしたものだ。これは楽しみ。福井晴敏だけでなく、キャラデザが安彦良和、メカデザがカトキハジメとくれば、これはトミノのUCの正統な続編になりえないか?  トミノのガンダムが終わってガンダムGが始まった時は失望と憤慨を禁じえなかった。その時から信者…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

布教活動

 トミノの最新作、「リーンの翼」が、明日11月5日の正午から11月6日の正午まで、御大の誕生日を記念して、BIGLOBEストリーム、Gyao、バンダイチャンネルで無料配信される!このブログでも紹介済みの通り、すごい作品だよ。是非是非御覧あれ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富野由悠季と宮崎駿

 トミノは昔から好きだった。ハヤオは昔は好きだった。ラピュタとかナウシカとか。でもトミノはほとんどの作品を見てるが、ハヤオは有名どころしか見てない。トミノにははまったが、ハヤオにははまれない。なぜか、考えると…  結局ハヤオ(ジブリ)はウケやすい作品を作ってウケている気がするのだ。原作でいいのを探してきて、それを受け入れられやすい…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

反応

 さっき4chのニュース23を見ていたら、オシムJAPANの中東遠征で何を得たか、みたいなコーナーでの音楽が…ZZじゃないか。こういうBGMについつい反応してしまう。つくづく信者とは度し難いものだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リーンの翼

 やっと富野御大の記事を書きます。せっかくだからこの日まで待ってました。リーンの翼最終話の配信!よかった、よかったよ御大!  リーンの翼はバンダイチャンネルなどでネット配信されている富野由悠季(御大)総監督の最新作!Zガンダムの劇場版に続いて御大の仕事が次々と観れて、去年、今年はとても幸せです。  で、リーンの翼ですが、第3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more