ザブングル第八話「ミスにはミスがない」

 ミス.ギャブレットギャブレー???

 イエローヒルタウンについた一行。バザーを開く用意をする。しかし、そこにはミス.ギャブレット=ギャブレーの一味がすでにバザーを開いていた。立ちふさがる一味にジロン達は抗議するが、一つのバザーは一つの運び屋が仕切るものだ、とか、カーゴ一家をエルチが取り仕切るためにはイノセントに名義変更届がいるとか、イノセントとの契約条件を突っ込まれ、エルチは一旦後退。契約書を確認する。

 そんな中ジロンはティンプを探しに行くが、何者かに襲われる。ミス.ギャブレーの差し金だった。その後も運び屋の手形を盗みに入ったり、カーゴ一味は商品を売った後ロックマンを襲ってると噂を流したりと姑息な手段を使う。契約書を読み終わったエルチは二つ以上の運び屋がバザーを開いてもよい、と結論。襲い来るギャブレーと全面対決し打ち破る。ギャブレーは撤退するのだった。しかし契約書の研究を終えたエルチはふと疑問を口にする。

「イノセントってわざと私たちを戦わせようとしてるみたい」

それに対してラグは、「イノセントって私たちをたすけてくれる人たちよ。BSを集めれば何でもしてくれるしさ。」

エルチも「そうよね。イノセントって文化的な人たちだもん。」と答えるのだった。

ちょー!ミス.ギャブレット=ギャブレーって!後のエルガイムの登場人物と全く一緒の名前!なんじゃこれ。
マダムと呼ばれるたび怒るキャラ(笑)。ジロンやラグ達にはずっと「年増」とか「おばちゃま」とか言ってからかわれる。ランドシップには目とか唇とか描いてるし(笑)全体的にコメディチックに進む中、イノセントへの疑問が少しづつ描かれているあたりがやっぱりトミノやなあ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック