ザブングル第七話「信ずるものは浮かばれる」

ラグがトップレス(笑)!ブルメの髪型が!

 惑星ゾラは荒涼の大地しか無いと思ったら、森や湖もあった。湖で泳いで喜ぶジロン達、かといって皆水着を持ってるはずもなく、パンツだけで水泳(笑)。

 そこに老人が古いWMで襲いかかってくる。追い払って後をつけると…鉱石BS(ブルーストーン)の屑をしこたまため込んでいた(イノセントに上納することでWMや生活物資をイノセントからもらえる。バザーでの商品とも交換)。ジロンたちはその老人ホッターと原住民(?)トラントランとの争いに巻き込まれる。トラントランに奪われたホッターのBSを奪い返しにいったジロン達だったが、トラントランの後ろにはティンプにそそのかされた女ブレーカーがいた。その作戦によって、ホッターはトラントランに騙されジロン達を襲う。

 ジロンの活躍によって誤解は晴れ、トラントランの拠点を撃破したが、ホッターはジロンの腕の中で死亡する。森や湖の楽園をつくったのはホッター一族だったこと。イノセントは緑のあるところにBSは無いと言っているが、楽園の下にBSの鉱脈があること、イノセントは嘘をついている…と言い残して。「イノセントのいう事が間違ってるなんて信じられないぜ」とつぶやくブルメだった。

 惑星ゾラの支配階級であるイノセントに対する疑問が見える第七話でした。ここからしばらくは女ブレーカーとの戦いになるのかな?

 予告でやっと敵の女ブレーカーの名前が出てきた(笑)。ミス.ギャブレットだそうです。エルガイムのギャブレット=ギャブレーを連想しちゃうなあ。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック