シバトラ第一話観た。

 久しぶりに大後寿々花が連ドラ登場ー。ってわけでこのドラマは毎週観るつもり。(ネタバレあります)

 しかしドラマ自体は…んー。正直つらい。まったく痛くなさそうな傘でどつくシーン(見せ方だと思う)や、アクションで盛り上がるか、と思ったら悪役があっさりあきらめるとか、ストーリー展開もありきたりで…。

 藤木直人も塚地無我も真矢みきも一つ一つの芝居はいいんだけどなあ…ホンがどうもなあ…せっかくの役者をいかせてないなあ。

 主役の小池徹平は表情がカタイ。 

 しかし、大後寿々花の芝居は相変わらず良い。いろんな表情がいいのはもちろんだけど、それより何より、ホント間で芝居するよなあ。一瞬の表情よりもカメラが長まわしになってる時が真骨頂。今回も、シバトラがガラス割って部屋入ってから、美月が抜け出すことを決意するまでのセリフとセリフの間が素晴らしい。包丁離すシーンも鼻ピクピクしてて、ほんとに感情入ってんだなあ、と。ニヤっとする笑いも健在でうれしい。けど、「チェリーパイ一緒に食べてくれる」の後に笑いだけは違うと思う。

 次にどうつなげるのかと思ったら、次は学校潜入でその学校に美月がいるという設定…む、無理があるなあ。その後はどうするんだ?

 まあ、役者はいいので、ストーリーよりもそれぞれの芝居を観るためにこのドラマ観るか。

 PS、エンドロール観て初めて近江谷太郎出てたの知った…。親父か?

  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック