2008年R‐1グランプリと爆笑レッドカーペット

 思えば去年もR-1グランプリと爆笑レッドカーペットは同じ日だったけど、毎年これは恒例になるのかな?しかしR-1よりレッドカーペットの方が放映時間長いってのはどういう?(結果発表してます)

 R-1の結果は優勝が二年連続なだぎ武。2位が芋洗坂係長。以下、世界のナベアツ 、中山功太 、あべこうじ、鳥居みゆき、土肥ポン太、COWCOW山田よしの順でした。

 今回は正直レベルひくっっって感じでした。そんな中でなだぎ武だけは明らかに飛び出ていて、これはもう彼しか考えられないだろう、と思ってたので優勝した時はああ、俺の感覚は正常なのだとホッとしました。優勝が決まった瞬間、なだぎ武は感泣、去年はディランでの優勝だったのが、今年は別ネタの優勝だったので、それはそれはうれしいのだろうと思いました。

 もし二年連続というのがネックになってなだぎ武以外が選ばれるのなら、芋洗坂係長だと思ったので、彼の2位もちょっとうれしい。デブキャラなのに体のキレが素晴らしかった。二人ともすごい稽古したんだろうな、と、特に感じました。

 3位以下はちょっと…というか、世界のナベアツは数字を読み上げるネタに飽きてしまった。まあレッドカーペットのネタの方は面白かった。鳥居みゆきはうーん…ちょっとついていけない。何か僕の中では代走みつくにと何となくカブります。

 爆笑レッドカーペットの方もちょっと飽きてきたなあ。玉石混交なところが面白かったんですけど、玉の中でも石の中でも階層化が進み固定化してしまった気がして…ちょっと微妙な感じに…。まあ去年の最初の回のインパクトが凄かっただけに、やるたびに印象が薄れていってしまうのは仕方のないところなのでしょうか。

 お気に入りの柳原可奈子は北条マキネタでした。面白かった。関西でのライヴは無いんかなあ。彼女を初めて知ったのが去年の第一回のレッドかーペットだったのでこれで1年。ライヴを望み続けてるのですが…。

 その他僕が面白かったのは(最初の40分ぐらい見逃しました)、ニブンノゴ、世界のナベアツ、狩野英孝、さだ陽区、チュートリアルでした。

 今回のレッドカーペット賞はエド・はるみ。選んだのは石原良純…だけどほんまにちゃんと考えて選んだんかなあ。いきなり指名されて慌てて最後に登場したエド・はるみをあげたような気がしてならない。このシステムをまったく知らないみたいだった。せめて最初に誰かがいきなり指名されます、ってことを審査員全員に言っとくべきでは?まあ別にエド・はるみでもいいんだけどね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 爆笑レッドカーペット dvd

    Excerpt: 2008年R-1グランプリと爆笑レッドカーペット思えば去年もR-1グランプリと爆笑レッドカーペットは同じ日だったけど、毎年これは恒例になるのかな?しかしR-1よりレッドカーペットの方が放映時間長いっ.. Weblog: ニュースみようよ! racked: 2008-02-18 07:25