セクシーボイスアンドロボ voice4「かんにん袋」

 今週木曜日まで実家に帰るので、とっととvoice4やっとこう。この回は僕の中でも賛否両論な回。脚本は木皿泉ではなく山岡真介。

 何が賛否両論かというと、ニコとロボの芝居はますますのってきていい感じ。脚本も軽い感じのところは好き。ただ、軽く、面白く、のために無理な展開が目立つ回である。

 冒頭のニコのモノローグは、

 「数字をわざとややこしくして一体何の役に立つのか。あたしは今まで連立方程式や平方根を使っている大人を見た事がない。そんな勉強無駄じゃないのだろうか。」

 ニコが友達とベンチでテスト勉強をしていると、目の前の喫茶店「おしどり喫茶」の看板の「ど」が爆破され、「おしり喫茶」になってしまう。

 「ほら、世の中には数学よりもわけの分からないことがいっぱいあるのに」

 「ど」は偶然通りかかったロボの車に飛びこんだ。ロボは通りかかったということで、警察に疑われ、その怪しい言動から取り調べに連行されてしまう。決定的になったのがロボの車から発見された「ど」。刑事達が、

 「はい、『ど』発見!」「『ど』発見!」と連呼するのは楽しい。

 「人間はいきなりわけのわからない事にまきこまれる」

 ロボが警察につかまった事を知ったニコはマキナに助けを求める。必死に頼んでて、ロボとの間に深い友情が生まれてきたのが分かる。また、マキナのセリフ、芝居がいいねえ。

 「あらまあ、ピュアな目。あんまりきれいだと汚したくなっちゃうわ」

 マキナはロボを助けることを引き受けるが、代わりに仕事を依頼する。一海の大学で勤務している知り合いの大学教授が脅されており、その護衛を頼んだのだ。しかしもうこの時点で犯人の目星はついていた。宇佐美好子「かんにん袋」だ。

 宇佐美はその大学教授が成績つけるのを間違えたために就職に失敗し、その後5年間不本意な人生を歩んでいた。そのため、自分の気に入らないことがあったらネットで製作方法を見つけた爆弾で爆破してまわっていたのだ。おしどり喫茶爆破事件の犯人も彼女であった。

 ニコのオープニングのモノローグの〆は、

 「生きていくことは、自分の力ではどうしようもない、納得のいかない事の連続らしい。ガマンにガマンを重ねていったらそこに何か見つかるのだろうか。見つからないのだとしたら、私はどうやって生きていけばいいのだろう。」

 ニコはマックスロボを警察にとられてやる気を失っているロボに、一海の大学での仕事だよ、と言ってやる気をおこさせる。

 マキナとよっちゃんの会話も楽しい。「やることがちっちゃいんですよあの女、その手紙もただの脅しです。社長があの女をここに呼んで言えば、それで終わりです。」

 「やだ。あたし説教するほど人間ができてないもん。」ようさんしてるって。

 「よっちゃん、あんたそういえば、何でここにいるの?」「あれ?…社長がチャーシューメン作れって言ったからじゃないですか。」「そんなヒマがあるんだったら仕事しなさいよ。」「むちゃくちゃだなあ、もう」…………「よっちゃん、チャーシューメンまだ?」

 宇佐美は就職活動するが、面接でイビられる。帰る途中その会社の看板を再び爆破。今度は「アニホン株式会社」の「ニ」と「ン」を爆破して「アホ株式会社」に(笑)。

 ニコとロボは大学へ。大学教授は性格まがったイヤーなヤツだった。「子どもとバカをよこすとは、僕もなめられたもんだね。」ロボが言い返す。

 「バカじゃないです。オタクですー」(笑)

 大学で宇佐美と会い、ロボが声をかける。宇佐美はロボの大学の先輩だった。宇佐美が「かんにん袋」とは信じられないロボ。大学教授の部屋を調べると本棚に爆弾がしかけられており、本棚倒壊。ロボが犠牲に。

 とばっちり受けて落ち込むロボにニコはラーメンを作ってあげる。警察にたのもうというニコに、ロボは宇佐美が警察につかまっちゃうなら自分が守る!と決意する。ちょい下心つきで。

 ニコとお父さんの会話もいい。「ねえお父さん。人を恨んだことある?」「あるかもしんないけどぱっと出てこないなあ。時間たつと、まあいっかって思っちゃうから」「じゃあ、恨まれたことは?」「それは分かんないなあ。気づかない内に恨まれてるかもしんないなあ。誰かが喜んでる時は、誰かが悲しんでる。そういうもんだから。」「難しいね」家族のシーンはホントホッとする。

 宇佐美がネットカフェの部屋で会員カードを見てつぶやく。「2年間有効…あたしの恨みは無期限」。その横の部屋ではロボがコップに耳をあてて聞いてた。そこに迫る影…

 「なんだ、このオーラは…」

 マキナでした。「何してるんですか?」「別に…ひまつぶし」

 警察からマックスロボを取り返してきたのだ。で、そこで一騒ぎ。…イヤイヤ、楽しいけど、調べ中に横の部屋でそんなことするか?横に宇佐美おるっちゅうに。

 ロボとニコ再び大学へ。食堂でカレーを頼む。厨房には宇佐美が働いており、大学教授の頼んだカレーに爆弾を入れるが、そのカレーをロボが持っていってしまう。…イヤイヤ、何でいきなり宇佐美が働けるの?さらにカレーに爆弾って!ロボが一海にからんで、「ここいいですか?(即座に)失礼しまーす」「ミステリアスですみません」「いただきマックス」そして、間接キスを図る「口をつけている、口を…」あたりは前回同様、松山ケンイチ頑張ってるなあ、と好感がもてるけど、かなり展開にむちゃあるやろ!

 ネットカフェで次なる作戦を練る宇佐美。隣で張り込むロボ。しかしニコがテストを終えて電話をかけると宇佐美に逃げられていた。

 「ほーら、誰もいない。あれ?あれ?逃げられた」「何回同じ失敗してるのよ!」「まさか、一瞬寝てしまったあのスキに?」「寝てんじゃん」

 宇佐美の作戦計画書を発見したロボは教授が授業で使う地球儀に爆弾が仕掛けられていることを知る。教授が地球儀回すごとに爆破までのカウントダウンが進む地球儀爆弾だ。…イヤイヤ作戦計画書置いとくか?まあ、ともかく、「ロボ、出動だよ!」

 ニコが、ロボが、よっちゃんが大学に集結し教授を探す。ロボは教授の授業が行われている部屋へ。ニコとよっちゃんは放送室へ。何も知らない教授は地球儀を回し続ける。大ピンチ。放送室ではあやしげな二人を追い出そうとする清掃のおばちゃんをよっちゃんがキスで黙らせ(笑)、ニコに大学全部に放送できるマイクのコンセントをつなぐ。地球儀爆弾のカウントダウンがあと1になった時、ニコが叫ぶ!

 「だるまさんが転んだ!」

 大学のみんなの動きが止まった!教授の動きも!ロボの動きも…

 「あ、俺は動いていいのか」(笑)

 何とか爆破を防いだニコとロボは宇佐美を見つける。ニコのセクシーボイスの力で、五年前、教授が自分の間違いを開き直って宇佐美の人生を無茶苦茶にした時の会話を復活させてテープに録る。そして教授を呼び出し、脅す。うーん…ニコの能力を何とか使おうというのは分かるけど、普通にニコが画面に映っていてニコの口から教授のおっさんの声が出てきたら何かがっかり。せめて教授をおばさんにするとかできなかったか?教授にわびいれさせて、宇佐美もとりあえず恨みももうどうでもよくなって…はいいのだけど、最後テープが花火になって…わけわかんないですよね。僕もわけわかんない。ロボが花火見て、

 「きれいだなあ、何かいろんなこと、どうでもよくなっちゃうねー」

 いいのかそれでっっっっっっっ!

 解決した後、ニコの家でお父さんに外からボールが直撃。マキナの呼び出しだ。そうそうこれこれ、無茶な呼び出し。これ面白かったのになあ。これ以後無くなる。

 マキナはニコに報酬として笑い袋を渡す。ニコはマキナに問いかける。「結局、あの教授もそのままだし、かんにん袋さんも結局ガマンしたまんまなんですよね。何か、納得いかないというか…」マキナは、

 「それでいいんじゃないの?ガマンするのも一つの方法よ。そうすれば、日々のことにまぎれてどうでもよくなってくる。それでいいんじゃない?」

 おしどり喫茶はおしり喫茶になったことで客が集まるようになる。宇佐美は、悪口を吹き込めばだんだん膨らんでいって最後に爆発するオモチャ「かんにん袋」を開発し、980円で売り出す。みんなが「かんにん袋」に悪口を吹き込む。一海は「まさひろのバカヤロー」。ニコの父母は「税金のバカヤロー」。マキナは「よっちゃんのバカヤロー」…隅でよっちゃんおびえる(笑)。ロボはテレクラで「女なんて大嫌いだー」。ニコは「勉強なんて大嫌いだー」で爆発。…これはいい、俺もほしーい。ほんと作れないかな。

 ニコの今日の結論(モノローグ)

 「どんなことだって、いつか役に立つ日がくると、無理やり自分に言い聞かせるのも一つの方法なのか。そうすれば、生きていくのも少しは楽になるかもしれない。…………何事も無駄なんてない。そう思った。」

 ええと、モノローグはいいとして、何より納得がいかないのは、宇佐美が爆発事件に関して何も罰を受けない事。そらまあ今までの五年間は辛かっただろうし、それは全面的に教授のせいなわけだけど、あっちこっち爆破して、それはまあ、オッケーというのはあまりにも甘すぎないか。

 ま、物語的にはイマイチでもドラマとしては面白かった。そんなとこでしょうか。ニコロボの芝居はますます上がっていき、「ZI」、「プッチーニ」を経て、ラストボイス「ロボ」にいたるわけです。その前に次は「うしみつ様」これもなー…ま、実家から帰って金曜深夜ぐらいに語る予定です。
 
 

 

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック